海外旅行記

【ロサンゼルス空港】荷物受け取りから乗り継ぎまで【LAX】

更新日:

急に英語で自分の名前をアナウンスされビックリ仰天!

とりあえず無事入国審査を通り抜け、次は自分のスーツケースを探しに行きます。

 

スーツケースの山に呆然

入国カウンターを通過してまた人の流れについていくと、次はたくさんのベルトコンベアが並ぶ荷物受け取りカウンターへ。

各ベルトコンベアには、番号と飛行機の便名が表示されています。

自分が乗ってきたアシアナ航空の便名が表示されているカウンターへ。

すると…

あれ、8番だ…!

さっきアナウンスされたとき、「8番カウンターへお越しください」と言っていたけど、もしかしてこれのこと!?

でも、ただの荷物受け取りカウンターなので、アシアナの人は誰もいません。。

まじで謎…。

とりあえず自分のスーツケースを探そうと近くまで行くと、、

もうそれはそれは日本では見たことがないようなスーツケースの山!!

ベルトコンベアの上に、スーツケースが隙間なく並んでいるのですが、荷物の受け取りが間に合っていないようで

スーツケースの上にさらにスーツケースがどんどん積み重なっていました。。

これ、下のを取りたい人はどうすれば??( ゚Д゚)

とりあえずグルリと一周してみましたが、私のスーツケースはこの山の中にはなさそうでした。ほっ…

 

しばらくしたらまたベルトコンベアが動き出し、ボンボンスーツケースが流れ出てきました。

ずっとそこに張り付いて、自分のスーツケースを無事発見!!

予想通り外はキズだらけになってましたが、とりあえず中身は大丈夫そうでした。

 

いざ、税関審査へ!

荷物を受け取ったら、また人の流れに沿って税関審査へ。

荷物受け取りのフロアから税関審査のほうへ進む時、出口が2つに分かれていたのですが、どう違うのかよく分からず…。

とりあえず警備員のお兄さんが「こっちこっち」みたいに誘導してくれたほうに進みましたが、中はどうもどちらに行っても同じところに通じるようでした。

少なからず食料を持っていたのでドキドキしていましたが…。

あの自動パネルで出した紙とパスポートを出したら、特に荷物を開けることもなくすんなり通れました。

なんか、拍子抜け。。

女一人だからかな?

 

乗り継ぎ出口か、一般出口か

さて、税関を抜けると、次は

①乗り継ぎの人たちの出発カウンターへの再入場審査に続く道

②普通にロサンゼルス空港から出る道

に分かれています。

私は今からさらに飛行機を乗り継いでユタに行く予定だったので、何となく①の道に進んでみました。

しかし、当たり前ですが空港の出発カウンターへ入場するためには、航空券が必要なのです。。

私は飛行機の遅延のためにすでに自分が乗る予定だった飛行機のチケットは意味をなくしていましたので、アシアナが新たに予約してくれたデルタ航空のチケットが必要でした。

しかし…

結局、8番カウンターってどこだったの!?!?

ここまで、そんな雰囲気のところは一切なかったけども。。

やっぱりあの荷物受け取りのとこだったのか??謎すぎる…。

とりあえず、困った私はデルタ航空に助けを求めるべく、乗り継ぎに続く道を後戻りして一旦普通に空港の出口から一般ロビーに出てみました。

家族が名前が書かれた旗を掲げていたり、ツアーコンダクター的な人がパネルを持って立ってたりするあそこです。

はてさてここからどうするか…('_')

完全なる外国、アメリカはロサンゼルスにて女一人、立ち往生w

デルタ航空のチェックインカウンターがどこにあるのかもさっぱり見当つかず。

果たしてささぺんは無事、ユタ行きの飛行機に乗れるのか!?(笑)

 

次回は、「ロサンゼルス空港で迷子の巻」をお送りしますw

【アメリカ旅行】ロサンゼルス空港LAXで迷子の巻【乗り継ぎ】

ようやくロサンゼルス空港に到着したささぺん。 しかし、飛行機の遅延のため、乗るはずだった飛行機はすでに飛び立った後…。 スムーズに乗り継ぎできなくなり、チケットを用意してくれる約束をしたアシアナに頼ろ ...

続きを見る




-海外旅行記
-, , , ,

Copyright© ユタ州留学日記 ~大人になってからの海外留学ブログ~ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.